リフォーム施工例

N様邸和室リノベーション

施行例画像(耐震リフォーム)

施工のポイント

二間続きの和室と縁側を解体撤去して、既存の独立していた基礎と新たにコンクリートを打設して造った基礎を一体化させ補強しました。以前は和室と縁側に分かれていましたが、間仕切りの壁を取り払い、洋室にリノベーションしました。

施工例写真

  • Before:和室
 奥の座敷と床の間は床以外の部分はそのまま残して床だけを耐震補強します。手前の和室と縁側は天井・床・間仕切りの壁を解体して部屋全体を耐震補強して行きます。 Before:和室
     奥の座敷と床の間は床以外の部分はそのまま残して床だけを耐震補強します。手前の和室と縁側は天井・床・間仕切りの壁を解体して部屋全体を耐震補強して行きます。
  • After:和室から洋室に
 既存の土壁を壊さずに壁を耐震補強して石膏ボードを張ってからクロスで仕上げました。和室との間仕切りの建具を戸襖に新調して洋室側にクロスを貼って仕上げました。床は畳からフローリングに張り替えました。 After:和室から洋室に
     既存の土壁を壊さずに壁を耐震補強して石膏ボードを張ってからクロスで仕上げました。和室との間仕切りの建具を戸襖に新調して洋室側にクロスを貼って仕上げました。床は畳からフローリングに張り替えました。
  • After:和室から洋室に
 和室と洋室の間仕切りにある欄間に洋室側の壁の裏地を隠すためにワーロンを入れました。 和室はお客様の希望で畳と襖を新しくするだけで、以前の装いを残こしました。 After:和室から洋室に
     和室と洋室の間仕切りにある欄間に洋室側の壁の裏地を隠すためにワーロンを入れました。 和室はお客様の希望で畳と襖を新しくするだけで、以前の装いを残こしました。
  • Before:和室押入
 改装前は引違戸が入っていた為、押入れに何が収納されているのか把握しづらく
真ん中に一段棚があるだけの簡素な収納でした。 Before:和室押入
     改装前は引違戸が入っていた為、押入れに何が収納されているのか把握しづらく
    真ん中に一段棚があるだけの簡素な収納でした。
  • After:押入からクローゼットに
 柱の位置を移動させて、その柱に2階の床組を補強する梁を取り付けました。柱の両側に新たにクローゼットを天井の高さまで造りつけました。 After:押入からクローゼットに
     柱の位置を移動させて、その柱に2階の床組を補強する梁を取り付けました。柱の両側に新たにクローゼットを天井の高さまで造りつけました。
  • After:押入からクローゼットに
 お客様の御要望に合わせて棚とハンガーパイプを設置しました。
衣類を湿気から守るために桐の木でできたパネルを壁に張っています。 After:押入からクローゼットに
     お客様の御要望に合わせて棚とハンガーパイプを設置しました。
    衣類を湿気から守るために桐の木でできたパネルを壁に張っています。
  • Before:縁側
 縁側は南側に面していて日当たりは良かったのですが、間仕切りに遮られ室内まで光が届かず、あまり利用されていませんでした。 Before:縁側
     縁側は南側に面していて日当たりは良かったのですが、間仕切りに遮られ室内まで光が届かず、あまり利用されていませんでした。
  • After:縁側から洋室に
 縁側と和室の間にあった間仕切りの建具と壁を取り払って洋室にリノベーションしました。室内に光が入るように天窓を2カ所もうけました。天井から出ていた既存の梁は補強してシートを貼り仕上げました。 After:縁側から洋室に
     縁側と和室の間にあった間仕切りの建具と壁を取り払って洋室にリノベーションしました。室内に光が入るように天窓を2カ所もうけました。天井から出ていた既存の梁は補強してシートを貼り仕上げました。
  • After:縁側から洋室に
 縁側の屋根も新しく葺き直し、天窓の上には光が入るようにガラス製の特殊な瓦を葺きました。 After:縁側から洋室に
     縁側の屋根も新しく葺き直し、天窓の上には光が入るようにガラス製の特殊な瓦を葺きました。
  • 施工中①:耐震基礎工事
 既存の床組を解体しました。床下の地面を掘り下げて新たにコンクリートの基礎を造るスペースを確保していきます。 施工中①:耐震基礎工事
     既存の床組を解体しました。床下の地面を掘り下げて新たにコンクリートの基礎を造るスペースを確保していきます。
  • 施工中②:耐震基礎工事
 掘り下げた地面に砕石を敷き詰め転圧をして固めたあとで、床下が湿気るのを防いでくれる防湿シートを敷きました。既存の基礎に鉄筋を埋め込んで新しい基礎の鉄筋と繋いでいきます。 施工中②:耐震基礎工事
     掘り下げた地面に砕石を敷き詰め転圧をして固めたあとで、床下が湿気るのを防いでくれる防湿シートを敷きました。既存の基礎に鉄筋を埋め込んで新しい基礎の鉄筋と繋いでいきます。
  • 施工中③:耐震基礎工事
 コンクリートを打設して3室を繋ぐ地震に強い一枚のプレート状の基礎に改修しました。既存の古い土台の上に新しい土台を格子状に組んで床組を補強し、耐震性を高めていきます。 施工中③:耐震基礎工事
     コンクリートを打設して3室を繋ぐ地震に強い一枚のプレート状の基礎に改修しました。既存の古い土台の上に新しい土台を格子状に組んで床組を補強し、耐震性を高めていきます。
  • 施工中④-完了:耐震基礎工事
 格子状に組んだ床組に、以前はなかった断熱材を入れていきます。 施工中④-完了:耐震基礎工事
     格子状に組んだ床組に、以前はなかった断熱材を入れていきます。
  • 施工中①:構造補強工事
 2階の床組の丸太材が部屋の中央で垂れ下がっていました。補強するために構造材の中央に柱を建て、鉄骨の梁を渡して2階の床組を持ち上げて改善しました。 施工中①:構造補強工事
     2階の床組の丸太材が部屋の中央で垂れ下がっていました。補強するために構造材の中央に柱を建て、鉄骨の梁を渡して2階の床組を持ち上げて改善しました。
  • 施工中②:構造補強工事
 補強のために渡した鉄骨の梁を構造用合板で包んで隠しました。地震に強い壁にするためにすべての壁に構造用合板を張りました。 施工中②:構造補強工事
     補強のために渡した鉄骨の梁を構造用合板で包んで隠しました。地震に強い壁にするためにすべての壁に構造用合板を張りました。
  • 施工中③:構造補強工事
 既存の梁材の下に新たな梁材を渡して合体させました。合体した梁を構造用合板で包んでから石膏ボードを張りシートを貼って仕上げます。 施工中③:構造補強工事
     既存の梁材の下に新たな梁材を渡して合体させました。合体した梁を構造用合板で包んでから石膏ボードを張りシートを貼って仕上げます。
  • 施工中④:構造補強工事
 2階の床組を補強するために、耐力金物を取り付けました。2階の床組の角には鋼製の火打梁をとりつけ、梁から丸太材が外れて落ちるのを防ぐためにボルトで連結しました。 施工中④:構造補強工事
     2階の床組を補強するために、耐力金物を取り付けました。2階の床組の角には鋼製の火打梁をとりつけ、梁から丸太材が外れて落ちるのを防ぐためにボルトで連結しました。
  • 施工中⑤:構造補強工事
 新たに造る壁の中に筋違を入れて両側から構造用合板を張りつけて耐力壁にしました。地震による揺れで筋違が外れないようにプレートで柱と連結して補強しました。 施工中⑤:構造補強工事
     新たに造る壁の中に筋違を入れて両側から構造用合板を張りつけて耐力壁にしました。地震による揺れで筋違が外れないようにプレートで柱と連結して補強しました。

物件スペック

家族構成 大人5人子供2人
工事期間 30日
築年数 35年